スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6thアニバ】アニバ3日目

 6thアニバ2日目終了。


 まずは記録の整理から。

 772位
 18,883,753(+10,698,905)
 マイスタ:189→180
 スタハーフ:2028→1920→1836


 ラウンド1000万乗せた。このペースが出ればひとまず安心。
 いや、後半はコレじゃ足りないんすけどね。ラウンド2000万ってどんな領域なんだ。
 スタハーフの数的には余裕があるので、とにかく最後まで走りきればOKという情勢。

 プロデュースメンバーは一通りレッスンし終わったので、追加待ち。
 去年のパターンなら、あと1人増える?(去年は後半に唯が増えた)
 時期が来るまで待ち。

 月末はみくか……4倍パワー持ちってめちゃ強なんだよなぁ
 今の編成で8万なにがしのアイドルを20万越えで追い出せるから、特訓後1人で12万の編成強化っていう
 ひとまず、月が変わるまで放置。つまり今日は静観。



 さてさて、今日も早見沙織さんが出演しているゲームの紹介

 3日目は『月英学園 -kou-』。PS+のフリプでプラチナ取れるのほんまありがたい。
 ゲームの説明としては、何と言っても声優の杉田智和が作った、という点かね。Copyright表記も持ってるし。
 あーなるほどこういうことがやりたかったんだね、と思いつつちゃんと仕上がってるなぁと関心。

 ジャンルとしてはノベルゲー。伝奇ノベルになるのかな?
 主人公が引っ越してきたところから開始、鬼が住むとか言われている町で早速異形に出くわし、謎の能力に目覚め、異形に立ち向かう生徒会に入るという流れ。
 後は共通ルートを進めて仲間との絆を深めながら、選択肢に応じて個別ルートに入ってエンディング。大体ろくな死に方しないがな!!
 共通ルートはまあそこまでって感じだったけど、個別ルートは結構グッと来るシーンが多かったので及第点というところ。

 一通りプレイすると真ルートが開放される。
 これが結構な大謎を仕込んでいて、なるほどそういうことねと感心した。
 終盤は一気に情報を流されて消化不良なところもあったけど、苦境が多かった主人公たちが大どんでん返しを決めるのは面白かった

 システム的には……あんま褒めるところないなぁ。
 どうにもテンポが悪かったり、バックログを見ると画面演出が入ってワンテンポかかるとか、そういう細かいところがちょっとダメ。
 おまけに、「おまけ」コーナーに入るとCV杉田のキャラが喋りかけてくるんだが、いやそういうのいいからサッサとCG見せて? ってなるからダメ
 そういうところは拘らなくていいんだよ、という教訓にしておこう。

 ヒロインの1人、御月英理(みづきえいり)がCV早見沙織。こんな感じ。
getuei_eiri

 戦闘能力高め、危険予知の能力持ち、可愛げがない、兄が好き、料理が壊滅的に下手(またか!!)、私服のセンスがない、とかとか。
 いや、罵声もいいからいいんですよ(適当)。そもそもキャストは豪華なゲームだ。
 これで兄がCV中村悠一なんだけど、それって魔法科(ry
 原作とか小説では主人公らしいが、どういう流れでメインヒロイン枠になったのかは謎だ。




 明日から12月。
 1年の締めくくりにアニバ頑張るべし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

PTOMO

Author:PTOMO
とにかくゲームが好きな人。
よくやるジャンルは、音ゲー、RPG、パズル、ノベル、アクション、格ゲー、etc。
他にはモバマス、デレステなど。
PSN Profilesはこちら。トロフィー取りまくるぞ。

twitter

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。